社長からのフランス便り

社長からのフランス便り

フランスから美味しそうな写真が届きました。

今日はBento&co社長がフランスに一時帰国した際のフランスの食べ物の写真をお届けします。

社長はフランスのサンテティエンヌというリヨンに近い街の出身です。

リヨン はパリからTGVと呼ばれる特急列車に乗って2時間ほどです。

こちらで滞在中に食べた美味しそうな写真をご紹介します。

 

 こちらは、お母さんお手製のクスクス!

野菜やお肉がたっぷりで美味しそうです。

フランスではよくクスクスを食べられます。日本で言うクスクスの粉のことをスムールと言いますが、これを夏はサラダにしたり、パスタの代わりのようにソースと一緒に食べたり、フランスではよく食べられます。

 

 

こちらは仔牛の骨付きステーキ。

ジャガイモやサラダと一緒に!日本ではこんなダイナミックなメニューはなかなか食べられないですね。

肉とポテトにはマスタードは欠かせませんね!!

ウ〜ン、美味しそうです!

 

そして、こちらはプラリネブリオッシュです。

真っ赤に色付けしたプラリネをブリオッシュ生地に練り込んだ菓子パンのことです。この赤いプラリネはリヨンの名物です。プラリネとはアーモンドなどのナッツ類に砂糖をコーテングして、熱を加えカラメリゼしたものです。

ローヌアルプ地方で見られる地方菓子で、丸型や王冠型の赤いブリオッシュがあります。

今回、社長が日本まで1つ持ち帰ってくれました。

どんな味だろう??

とても甘いのかと思いきや、あっさりとしてふわっとした食感でナッツも入ってて美味しい!!

みんなで切り分けて美味しくいただきました。

ちょっとでもフランスの空気を感じられてよかったです!