コンテンツにスキップ
オンラインショップ営業中。土日祝日は発送をお休みさせていただきます。
オンラインショップ営業中。土日祝日は発送をお休みさせていただきます。
風呂敷をクッションにアレンジ

風呂敷をクッションにアレンジ

風呂敷は海外の方にも人気の商品です。

ここ数年はプレゼントの包装紙の代わりに使う方も多く、クリスマスではたくさんの注文をいただいております。

今回はフランスのお客様のレビューより風呂敷を使ってクッションを作っている3名の方にインタビューしてみました。

 

まずは、こちらのクッションを作られたSandrineさん。

 

使った風呂敷は、こちら

同一の風呂敷を2枚使用しています。

Sandrineさんより

「フランス人は、ソファの上にクッションをいくつも置くのが好きなんです。

今回、この風呂敷を2枚購入して表と裏を使って一つの風呂敷にしました。

風呂敷は約 50cm、クッションのサイズは45cmなのでサイズがぴったりなんですよ!

生地が滑りやすいので手縫いで作りました。

私のグレーのソファにぴったりの赤色が綺麗です。」

と大変気に入っておられます。

素敵に作られていますね!

 

そして、もう一人はこちら、クッションとズボンに風呂敷の柄を縫い付けたHélèneさんです。

 

使った風呂敷はこちら

浮世絵シリーズの風呂敷を使ってクッションやズボンに上手に縫い付けて、違うデザインのものをリメイクされていますね。

Hélèneさんのコメントはこちら。

「私は日本の伝統的なアートが大好きなんです。特に歌磨呂は大好き。

なので、この風呂敷を見つけた時すぐ欲しくなりました。

クッションには簡単に上から縫い付けました。

ズボンにもこのように風呂敷でリメイクしました。」

 

そして、Caroleさんも可愛いクッションを作ってくれました。

こちらも2枚の風呂敷を使って上手にクッションに仕上げています。

とっても可愛いですね。

使っている商品はこちら

「この風呂敷の生地が気に入ったので購入しました。2枚の同じ風呂敷を使用して作りました。私はプレゼントを風呂敷で包んだり、周りの人にも風呂敷のことを教えたりしていますよ。友達はスカーフとして風呂敷を使っていてとても気に入っています。
私自身は、クッションに巻いたり、カバンにしたりして風呂敷を使っていますよ。美しく、そしてエコな風呂敷は、素晴らしいアイデアだと思います。」とのことです。

売り物のクッションみたいですね! 

風呂敷をとても気に入って使ってくれています。 

 

素晴らしいですね!

風呂敷としてだけでなく、このような使い方があることに驚きました。

皆さんは風呂敷をどのように使いますか?

 

 

前の記事 秋の味覚のお弁当レシピ
次の記事 ことねクロス、サイトでも販売開始