2月2日はクレープの日

2月2日はクレープの日

みなさん、日本では2月3日は節分ですが、フランスにも暦の上で春を迎える時期は同じです。

2月2日はクレープを食べる「 Chandeleur(シャンドルール)」という日です。

「聖母マリアのお清めの日」というキリスト教の祝日のひとつで、クリスマス(12月25日)から40日後にあたります。 フランスでは、毎年この日に家族や友人たちとクレープを食べてお祝いをするという伝統があります。

 

フランス人シェフのPhilippe Etchebestさんのクレープレシピを見てみましょう。

1:19からクレープの準備

13:39 ノワゼット(ヘーゼルナッツ)キャラメリゼ

19:46 塗るクリームの準備

40:15からクレープを焼く

 

こちらのビデオでは、クレープを焼いてその上にクリームなどを塗って巻いて、ロール上にしてスライスしています。

一口サイズでおしゃれですね。

たくさん食べられない人にはいいかもしれませんね。

いろんな味を作っていろいろ味見できそうです。

 

クレープのレシピ

50 cl de lait demi-écrémé(低脂肪乳)
4 oeufs(卵)
30 g de sucre en poudre (グラニュー糖)
250 g de farine(小麦粉)
20 g de beurre (バター)
Rhum ou fleur d’oranger (ラム酒 or オレンジフラワー)

 

クレープの上に塗るクリームのレシピ

125 g de sucre en poudre (グラニュー糖)
125 g de sucre glace (粉砂糖)
250 g de noisettes entières émondées (渋皮なし丸ごとヘーゼルナッツ)
150 g de chocolat au lait(ミルクチョコ)
5 cl d’huile de noisette (ノワゼットオイル)
10 g de cacao en poudre (カカオパウダー)

 

 クレープの作り方

小麦粉をボウルに入れる

バターを溶かして入れる

卵を入れる

牛乳を少しずつ入れる

ラム酒 or オレンジフラワーを入れる

数時間、冷蔵庫など涼しいところで生地を休ませる

焼く時はフライパンを温めて、油を入れ各面を1分ずつ焼く

 

トッピングのクリームの作り方 

 鍋に砂糖を入れる。中火でキャラメル状になるまで煮る

キャラメルの中に半分のヘーゼルナッツを入れて混ぜる

クッキングペーパーにヘーゼルナッツを置いて冷やす

湯煎でミルクチョコレートを溶かす

キャラメルが絡まったヘーゼルナッツが固まったら、フードプロセッサーなどで潰していく

これに、溶かしたチョコレート、残りのヘーゼルナッツ、グラニュー糖を加えて混ぜる

 カカオパウダー、ノワゼットオイルを加える

容器に入れる

 

クレープを焼いてクリームをのせたら、巻いていく。

適当にカットして盛り付ける。

 

はい、みなさんもクレープをぜひ作ってみてくださいね。

もちろんジャムやバターと砂糖、チョコレートなどお好きなものをクレープにのせても美味しいですよね。

フランスでは、クレープを焼いて重ねておき、食べる時に1枚ずつ取っていき、それぞれトッピングをのせて楽しんだりします。

みなさんもご家族やお友達とクレープを楽しんでくださいね。