ブログ

Welcome to our blog!

夏の貴船でひんやり

 

 

蒸し暑い夏の京都は観光するにも体力が取られます。

こんな時は京都市の北にある「貴船」がオススメ。

川の水がひんやりとしていて近くを歩くだけでも涼しいです。

 

夏の時期は川の上で食事が頂けます。

川床料理は基本8000円から1万5000円くらいでしょうか。

たくさんお店はありますが、どこも人気です。

予約がオススメです。

 

貴船神社も風流で赤い灯篭が素敵です。

神社では水占みくじもできますよ。水に浮かべると文字が浮き上がってきます。

水の神様なので飲み水を持って帰れるボトルなども売っています。

貴船神社は奥宮もあります。余裕がある方はぜひ奥宮も参拝に行ってみてください。

パワースポットとしても有名ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと読む

 

 

蒸し暑い夏の京都は観光するにも体力が取られます。

こんな時は京都市の北にある「貴船」がオススメ。

川の水がひんやりとしていて近くを歩くだけでも涼しいです。

 

夏の時期は川の上で食事が頂けます。

川床料理は基本8000円から1万5000円くらいでしょうか。

たくさんお店はありますが、どこも人気です。

予約がオススメです。

 

貴船神社も風流で赤い灯篭が素敵です。

神社では水占みくじもできますよ。水に浮かべると文字が浮き上がってきます。

水の神様なので飲み水を持って帰れるボトルなども売っています。

貴船神社は奥宮もあります。余裕がある方はぜひ奥宮も参拝に行ってみてください。

パワースポットとしても有名ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと読む


曲げわっぱ弁当で美味しいランチ

 

曲げわっぱ弁当はいろいろな形があります。

こちらは梅花弁当。

5角形の形が綺麗です。

 

曲げわっぱは秋田杉の柾目をうすく挽いて煮沸し、柔らかくして曲げ輪をつくり桜皮でしめくくります。これが曲げわっぱ独特の技術です。ウレタン塗装されていますので、ご使用後はご家庭の洗剤にて洗えます。


毎日使うお弁当箱、ちょっと丁寧に扱うだけで使えば使うほど愛着のある一品になります。フタの内側に"Bento&co"の焼き印を押しています。

 

こちらは「はんごう弁当」。

豆のような形をした楕円型。二段弁当なのでたっぷり入ります。

 

 

こちらはオリジナル曲げわっぱ弁当。

600mlで性別問わず幅広くお使い頂けます。

上蓋が本体に入子式になっており、フタがずれにくい構造。
他にはないスリムな小判型で鞄に入れやすく、職場やご自宅での昼食におすすめです。

 

こちらは基本のかたち、小判弁当(中)です。

容量は640ccです。

綺麗な小判型で使いやすい。

 

 

大切に使えば長くお使い頂ける曲げわっぱ弁当箱。

誰かへの贈り物としても喜ばれます。

ぜひ曲げわっぱ弁当をお使いください。

 

 

 

 

もっと読む

 

曲げわっぱ弁当はいろいろな形があります。

こちらは梅花弁当。

5角形の形が綺麗です。

 

曲げわっぱは秋田杉の柾目をうすく挽いて煮沸し、柔らかくして曲げ輪をつくり桜皮でしめくくります。これが曲げわっぱ独特の技術です。ウレタン塗装されていますので、ご使用後はご家庭の洗剤にて洗えます。


毎日使うお弁当箱、ちょっと丁寧に扱うだけで使えば使うほど愛着のある一品になります。フタの内側に"Bento&co"の焼き印を押しています。

 

こちらは「はんごう弁当」。

豆のような形をした楕円型。二段弁当なのでたっぷり入ります。

 

 

こちらはオリジナル曲げわっぱ弁当。

600mlで性別問わず幅広くお使い頂けます。

上蓋が本体に入子式になっており、フタがずれにくい構造。
他にはないスリムな小判型で鞄に入れやすく、職場やご自宅での昼食におすすめです。

 

こちらは基本のかたち、小判弁当(中)です。

容量は640ccです。

綺麗な小判型で使いやすい。

 

 

大切に使えば長くお使い頂ける曲げわっぱ弁当箱。

誰かへの贈り物としても喜ばれます。

ぜひ曲げわっぱ弁当をお使いください。

 

 

 

 

もっと読む


Temahimaシリーズ

 

 

 

 

Bento&coの人気商品「Temahimaシリーズ」。

現在は一部はもうメーカーでも廃盤になったものがありますが、根強い人気です。

コンパクトで蓋の絵柄が違い、本体の下段もカラフルで綺麗です。

食べ終わったらコンパクトにできるのも人気。

 

もともと24種類で24節気を表した商品です。

商品名も「春分」や「立冬」など季節の暦を表した言葉になっています。

当店のスタッフも気に入って使っています。

在庫も少なくなってきています。

 

皆さんもTemahimaシリーズいかがですか?

 

 

 

 

 

 

 

もっと読む

 

 

 

 

Bento&coの人気商品「Temahimaシリーズ」。

現在は一部はもうメーカーでも廃盤になったものがありますが、根強い人気です。

コンパクトで蓋の絵柄が違い、本体の下段もカラフルで綺麗です。

食べ終わったらコンパクトにできるのも人気。

 

もともと24種類で24節気を表した商品です。

商品名も「春分」や「立冬」など季節の暦を表した言葉になっています。

当店のスタッフも気に入って使っています。

在庫も少なくなってきています。

 

皆さんもTemahimaシリーズいかがですか?

 

 

 

 

 

 

 

もっと読む


京都のイベント:御手洗祭

 

 

下鴨神社では御手洗(みたらし)祭が行われています。

 

このお祭りは毎年この季節に開催されているお祭りです。

無病息災を願って下鴨神社の奥にある御手洗池に足をつけてろうそくに火をつけて進みます。奥にろうそくを置くところがあるので、ご神前にお供えし祈ります。水は膝まで深さがあるので、結構深い!そして冷たい!

足つけ神事とも呼ばれています。

池から上がったら、ご神水を飲みます。

これは限られたこの時期だけ飲める地下水です。

みたらし祭のあとは、下鴨神社の近くの「加茂みたらし茶屋」の名物みたらし団子が屋台として出店しているので、そちらでみたらし団子を食べる方も多いです。

このみたらし団子は一串に5個刺さっていて人間の5体を表しています。

一番上の1個は頭を表していて離れて刺さっています。

下鴨神社はみたらし団子発祥の地と言われています。

 

今年は7月28日(日)まで、時間は9時から21時。

灯明料は、300円です。

 

水に濡れないよう裾を上げやすい服、そしてタオルを持っていくことをお勧めします。

ぜひ行ってみてくださいね。暑い日はすっと涼しくなるのでオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと読む

 

 

下鴨神社では御手洗(みたらし)祭が行われています。

 

このお祭りは毎年この季節に開催されているお祭りです。

無病息災を願って下鴨神社の奥にある御手洗池に足をつけてろうそくに火をつけて進みます。奥にろうそくを置くところがあるので、ご神前にお供えし祈ります。水は膝まで深さがあるので、結構深い!そして冷たい!

足つけ神事とも呼ばれています。

池から上がったら、ご神水を飲みます。

これは限られたこの時期だけ飲める地下水です。

みたらし祭のあとは、下鴨神社の近くの「加茂みたらし茶屋」の名物みたらし団子が屋台として出店しているので、そちらでみたらし団子を食べる方も多いです。

このみたらし団子は一串に5個刺さっていて人間の5体を表しています。

一番上の1個は頭を表していて離れて刺さっています。

下鴨神社はみたらし団子発祥の地と言われています。

 

今年は7月28日(日)まで、時間は9時から21時。

灯明料は、300円です。

 

水に濡れないよう裾を上げやすい服、そしてタオルを持っていくことをお勧めします。

ぜひ行ってみてくださいね。暑い日はすっと涼しくなるのでオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと読む


祇園祭通信:山鉾巡行

 

祇園祭 前祭の巡行が昨日7月17日に行われました。

 

雨がよく降る祇園祭でしたが、昨日は晴天で気持ちのいい天気となりました。

まずは長刀鉾。

山鉾巡行の先頭になる鉾です。

大丸の近くに建てられ、メインになる鉾です。

お稚児さんもこの上に立ちます。

それぞれの山鉾に飾られたタペストリーや歩く人たちの衣装など、動くミュージアムと呼ばれるのがわかる美しいパレードです。

一ヶ月続く祇園祭ですが、この一番晴れやかで山鉾をじっくり見れる日だと思います。神様を迎え懸装品で飾られる素晴らしいひと時です。

 

 

 

 

角を曲がる辻回しは見ものです。

竹を地面に敷き、水をかけ、その上を鉾が進みくるっと回転して回ります。

回りきると沿道の見物客から拍手もおこります。

 

 

 

 

こちらは舟鉾。

美しいフォルムに見とれます。

 

 

 

すごい迫力です。お昼頃に河原町三条でこちらを見れました。

なんとも嬉しい一瞬!

最後の鉾を偶然見れて幸せでした。

 

夜には神輿が出てこれまた違った風景を見ることができます。

 

この後は後祭もあります。

他の山鉾を見ることができますが、後祭は歩行者天国で屋台などはないので静かにひっそりと見ることができます。

もっと読む

 

祇園祭 前祭の巡行が昨日7月17日に行われました。

 

雨がよく降る祇園祭でしたが、昨日は晴天で気持ちのいい天気となりました。

まずは長刀鉾。

山鉾巡行の先頭になる鉾です。

大丸の近くに建てられ、メインになる鉾です。

お稚児さんもこの上に立ちます。

それぞれの山鉾に飾られたタペストリーや歩く人たちの衣装など、動くミュージアムと呼ばれるのがわかる美しいパレードです。

一ヶ月続く祇園祭ですが、この一番晴れやかで山鉾をじっくり見れる日だと思います。神様を迎え懸装品で飾られる素晴らしいひと時です。

 

 

 

 

角を曲がる辻回しは見ものです。

竹を地面に敷き、水をかけ、その上を鉾が進みくるっと回転して回ります。

回りきると沿道の見物客から拍手もおこります。

 

 

 

 

こちらは舟鉾。

美しいフォルムに見とれます。

 

 

 

すごい迫力です。お昼頃に河原町三条でこちらを見れました。

なんとも嬉しい一瞬!

最後の鉾を偶然見れて幸せでした。

 

夜には神輿が出てこれまた違った風景を見ることができます。

 

この後は後祭もあります。

他の山鉾を見ることができますが、後祭は歩行者天国で屋台などはないので静かにひっそりと見ることができます。

もっと読む